スタンディングデスクの効果効能に期待してみる

スタンディングデスクの効果効能 雑記

コロナが始まる以前、

3年くらい前から自宅から外出するのは

年間15日ほどで、それも3-4時間程度で帰宅。

自宅にいる間はPC前に着座して

食事以外はPC前から離れない生活を続けていて

自分でも無視できないほどの体型の変化、

もちろん体重や体脂肪、ウエストサイズも数値として

増大し続けている現在。

運動すれば解決なのは承知しているが、

自営業と会社経営などを同時進行していると

没頭して気づくと夜中という毎日。

当面、この状態は続きそうなので解決策を模索している中、

スタンディングデスクに目が止まった。

スタンディングデスクに関して賛否両論があって、

否定的な意見にも根拠があるが、

肯定的な意見にも根拠があるので効果が無いとも思えず、

楽天やマニュライフ生命なども導入したという話も聞くし、

スタンディングデスクに期待してみようかと思案中。

長時間の着座による悪影響

一日11時間以上の着座で仕事や作業をしていると

4時間未満の比較して死亡リスクが40%上昇すると

シドニー大学の研究結果が発表されている。

また、一日6時間以上の着座では3時間未満と比較して

不安症や鬱傾向が慢性的に悪化すると

タスマニア大学の論文に記されている。

脳にも影響あるかも

長い時間、着座で過ごす生活を続けていると

脳内の内側側頭葉にある記憶領域が極端に菲薄化して

記憶に障害や記憶容量に影響をもたらす研究結果も公表されている。

スタンディングデスクの期待値

現状の座りすぎのデメリットは

身体への悪影響
メンタルへの悪影響
脳への悪影響

メンタルに関しては、

それほど心配はしていないけど

身体と脳への悪影響の解決は

ダメ元でもトライする価値があると考えます。

スタンディングデスクの効果効能

  • 太り過ぎの予防(個人的には予防というよりも改善)
  • 腰痛防止(これも個人的には改善)
  • 運動不足の改善

これらに加えて、

立った状態が続くことで脳内の血流が良くなって頭の回転が早くなるとか、

仕事や勉強のパフォーマンスを高めるワーキングメモリーの強化と容量アップが見込めるらしく

個人的には年齢を考慮すると認知症への対策にも期待してたりします(笑)

期待の前のハードル

実際にスタンディングデスクを採用して半年経過した

個人の方のブログでは、最初の3日は地獄らしい(^^;;

30年ほど前は、立ち仕事で毎日12時間以上は

走り回っていたにも関わらず平気だった「あの頃」が懐かしい。

スタンディングデスク導入のデメリット

仕事用のデスクは1200mm✕72mmの机上面で、

PCは2台、うち1台はモニター2枚使い、

固定電話と子機、ライティングスペースも確保。

現状の使い勝手を維持できて、

昇降機能があって立位でも着位でも使用できる

スタンディングデスクが理想。

導入と同時に現在使用中のデスクはお気に入りなので

破棄せずに保管を検討しているが保管スペースが思いつかない。

まぁ、大したことのないデメリットですが、

これを解決しないとカミさんに怒られるので

個人的には重要なポイントだったりします(笑)

そして、

賛否両論がある中で本当に効果を享受できるかは私次第。

基本的に「病は気から」という考え方なので、

スタンディングデスクの効果に期待を持って信じれば

ある程度の期待する効果は得られると思ってますので、

思案中ではありますが導入する方向で

家庭内の調整をしてみようと思っております。

 

コメント

DMM FX
SBIネオモバイル証券 口座開設
SBIネオモバイル証券 FX
タイトルとURLをコピーしました