年収の平均値と中央値からの現実と投資

雑記

国税庁がリリースしている最新の「民間給与実態統計調査結果」から平均年収が公開されますが、

ご存じの方も多いと思いますけど、これって高所得者も低所得者も合算して割った数字なので、

実感できる数字とは相違があるんですよね。

公開された最新の2020年版ですが、調査結果はコロナ禍以前の2019年となっています。

2019年度の平均年収:436万円

厚生労働省がリリースしている「賃金構造基本統計調査」から中央値を算出すると

2019年度の年収中央値:370万円

計算方法を変えると66万円の違いがあり、

毎月の収入が55000円ほど違うという結果となります。

中央値は全ての年収額を年収額順に並べた中央の金額となっているので、

大多数の感覚に近い数字となっていることで知られています。

年代別、男女別、雇用形態別の中央値

男女、年代を混在した所得の中央値は370万なので、

所得税、住民性、年金や保険などを差し引いた手取額となると…

約300万円

ボーナスを無視して12ヶ月で割ると

月収25万円と言うのが日本人の平均と言えるでしょう。

年代別の中央値
20代 315万円
30代 382万円
40代 432万円
50代 445万円
60代 304万円
男女別の中央値
男性 425万円
女性 315万円
正規雇用と非正規雇用別の中央値
正規雇用  503万円
非正規雇用 410万円
(非正規雇用だけの中央値だと230万円)

 

最初に記載しましたが、以上の数字は2019年のコロナ直前の数字です。

コロナに見舞われた2020年の数字は未だ公開されていませんが、

更に低水準になっていることは容易に想像ができます。

ワクチンも行き渡っていない中で、

コロナの収束も見えない現状では心細さを感じている人も多いでしょう。

以前、老後に2000万円が足り無いという衝撃的な話が出ましたが、

この状況から2000万円でも足り無いことになってしまったように思います。

高所得者は更に資産増幅で格差社会に追い風

格差社会 貧富の差経済状況は悪化しつつも、高水準の株価、仮想通貨の高騰など、資産保有をしている方々の多くが実施している投資によって高所得者の資産は更に増大しているのも現実です。

コロナで苦しんでいる人たちが大多数ですが、逆に儲かったという話も珍しくないのも事実です。

低所得でも資産形成を始めるには遅くない

確実に格差社会へ進んでいる状況に拍車がかかっていますから、

低所得でも何らかの手を打つべきであるのは明白です。

出来ることの一つとして

少額・低額から始められる投資も選択肢の一つにすべきだと思います。

SNSなどで1万円が100万円とか、億り人などと

浮世離れしたような話が交錯していて本当に可能なのかどうなのかは

知るすべもない中で

素人が実際に元手0円からスタートして50000円を運用すると

どうなるのかを実際に挑戦してみるこのブログが

地道に頑張って働いているけど収入が上がらないと悩んでいる方々に

少しでも役に立つか、参考にでもなればと思ってます。

コメント

DMM FX
SBIネオモバイル証券 口座開設
SBIネオモバイル証券 FX
タイトルとURLをコピーしました